JPホールディングスグループは全国各地をオンラインでつなぐ園児交流イベントを開催

2021年3月4日 12:29

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

子育て支援事業最大手のJPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業である株式会社日本保育サービスでは、2月24日(水)に、全国各地の保育園をオンラインでつなぐ交流イベントを開催した。

子育て支援事業最大手のJPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業である株式会社日本保育サービスでは、2月24日(水)に、全国各地の保育園をオンラインでつなぐ交流イベントを開催した。[写真拡大]

写真の拡大

■こどもたちが暮らす地域の特性や地域多様性への興味・関心を養う

 子育て支援事業最大手のJPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業である株式会社日本保育サービスでは、2月24日(水)に、全国各地の保育園をオンラインでつなぐ交流イベントを開催した。同社グループでは、全国に301の子育て支援施設を展開する強みを活かし、様々な体験をこどもたちに提供することで、こどもたちの興味・関心を引き出す保育・育成を実践している。北海道から沖縄まで計4園をつないだ今回のオンライン交流イベントでは、園児たちが各園の特徴や地域の自然を紹介した。園児たちにとっては、初めて話す「全国のお友達」との交流を楽しみながら地域の多様性に触れる機会となった。

■北海道から沖縄まで計4園をつなぎ、全国の友達と交流

 今回のオンライン交流イベントには、日本保育サービスが運営するアスク桑園保育園(北海道札幌市)、アスク富沢保育園(宮城県仙台市)、アスク曽根南保育園(大阪府豊中市)、アスクこくば保育園(沖縄県那覇市)の4園が参加した。

 イベントでは、各園順番に10分ずつ、園の特徴や地域の自然などの紹介を行なった。アスク桑園保育園では雪遊びの様子、アスク富沢保育園では園で毎年 年長クラスが取り組むソーラン節、アスク曽根南保育園では大阪名物を紹介する手遊びや園のすぐ側を走る阪急電車の紹介、アスクこくば保育園では温暖な気候の紹介や「みんなともだち」の歌の披露などが行なわれた。

 交流会に向け、各園でどんな内容を紹介するか話し合い、準備を重ねる時間は、園児たちにとって自分が暮らす地域に改めて興味・関心を持つ良い機会となった。交流会当日は、普段目にする機会の少ない他地域の様子に興味深く見入っており、会の最後には画面越しにお互いに手を振り合うなど、全国の友達との交流を楽しんだ。コロナ禍で近隣園との交流が制限される中、オンラインならではの全国規模の交流会となった。今後もオンライン交流会は継続して実施する予定としている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース