Apple、App Storeで不当に高額な課金をするアプリへの対策を開始か

2021年2月22日 17:26

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 AppleがApp Storeで機能に見合わない高額な課金をするアプリへの対策を開始したようだ(9to5Macの記事Mashableの記事)。

App Store Reviewガイドラインでは「3. ビジネス」で「ユーザーに不当に高い金額を請求するAppは却下」されるとの記述があり、「5.6 デベロッパ行動規範」には「ユーザーから搾取したり不当にだまし取ろうとしたり」することや、「実際には利用できない機能やコンテンツの料金を請求」するなどの不当な操作は認められないとも記載されている。しかし、人気アプリの類似品が偽レビューでランキングを上げてアプリ内購入で年数百万ドルを稼いでいることや、多額の手数料を得ているAppleに報告しても無視されることなどが最近複数のiOSアプリ開発者から指摘されていた。

あるアプリ開発者から9to5Macが入手したApp Storeの却下通知によれば、アプリ内購入アイテムが不当に高額なことが却下理由として挙げられており、アプリ内購入に対してより高い価値を提供できるようにするか、機能に見合う適切な価格を選択するか、いずれかの変更を行ってからアプリを再提出するよう求められている。この開発者はサブスクリプション機能で有料APIを使用していることが価格の正当な理由として認められ、アプリは承認されたそうだ。同じ開発者が提供したとみられるスクリーンショットでは、App Store Reviewガイドラインの「3. ビジネス」を引用して複数のアイテムが不当に高額であることを指摘している。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ソフトウェア | アップル | デベロッパー | iOS | お金

 関連ストーリー:
米ノースダコタ州、アプリストアによる独占を禁ずる法案 2021年02月15日
開発者の正直さに依存するApp Storeのプライバシー情報表示、どれぐらい意味がある? 2021年02月01日
米非営利組織、App StoreでのTelegramアプリ公開差止を求めてAppleを訴える 2021年01月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleMacサブスクリプション

関連記事