Salesforceでの設定不備、両備システムズの自治体向けサービスに不正アクセス

2021年2月19日 08:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Salesforce関連の設定不備による情報流出が相次いでいる問題で、両備システムズが第三者による不正アクセスがあったと発表した(両備システムズ 2021.02.12両備システムズ 2021.02.15)。

対象となったのは同社が提供している自治体向けの健診・検診インターネット予約システム「Web住民けんしん予約」、住民生活総合支援アプリ「i-Blend」、緊急通報システム「Net119」の三つ。この3システムを導入しているのは71団体に上るという。2月12日の19時点でこの71団体様のうち13の団体から第三者からの不正アクセスがあったと発表しているという(毎日新聞Security NEXTScanNetSecurityNHK)。

同社では2月1日中にシステムの設定変更を行ったとしている。日経新聞によればトラブルの発端は、Salesforceが2016年1月に投入したUIに含まれる「Lightning Experience」にあった可能性が高いとしている(日経新聞)。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 政府 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
Salesforce利用企業の複数が設定不備から情報流出。楽天、PayPay、イオン、バンダイなど 2021年02月04日
PayPay、ブラジルから不正アクセス。加盟店の情報が最大2007万件流出した可能性 2020年12月08日
カプコンのランサムウェア脅迫事件、情報流出が確定へ。最大約35万件の個人情報が流出する可能性 2020年11月17日
NTTコミュニケーションズで「水平移動」型の不正アクセス、621社の情報流出の恐れ 2020年05月30日
日経グループの社員がメール経由でウイルスに感染、社員ら1万2514人分の個人情報流出 2020年05月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告