リチウムイオン電池の火災を貼るだけで抑制する消火フィルム 凸版印刷が開発

2021年2月17日 17:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

凸版印刷が貼るだけでリチウムイオン電池の火災を抑制するというフィルムを開発したそうだ。このフィルムは消化成分を含んでいて、発火時に延焼を抑制できるのだそうだ。消防関連製品メーカーのヤマトプロテックが開発した消火効果の高いエアロゾルを放出する消火剤と凸版印刷が持つ塗工技術、そして透明バリアフィルム「GL BARRIER」を組み合わせることで完成したとしている(凸版印刷動画スマートジャパン)。

耐久力を高めた粘着性のあるフィルムとなっており、リチウムイオン電池のケース内や、配電盤・分電盤設備の内部に貼ることができる。初期消火や延焼抑制に高い効果を発揮するだけでなく、消化時などに人体や環境に悪影響のある物質は出さないとしている。 

スラドのコメントを読む | テクノロジー | ニュース

 関連ストーリー:
バッテリーが分類せずにゴミ箱に入れられた結果、ゴミ処理所の火災が増加中。英国 2020年10月28日
Tesla、上海の地下駐車場で駐車中のModel Sが爆発した事故を調査 2019年04月26日
リチウムイオン電池が原因の火災、近年大幅に増える 2018年11月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードリチウムイオン電池凸版印刷

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース