建設技術研究所が業績予想を増額修正、また、4月にフィリピン法人を設立し海外展開をより一層加速

2021年1月23日 07:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■国土強靭化計画の推進と効率化などで営業利益は14%拡大

 建設技術研究所<9621>(東1)は1月22日の15時、2020年12月期の連結業績予想の増額修正と、海外事業展開をより一層加速させることなどを目的に、フィリピン法人の設立などを発表した。

 2020年12月期は、国土強靭化計画の推進などの良好な受注環境を背景として、受注の増加にともなう売上高の増加、業務効率化による原価率の改善などが進んだ。

 これを受け、20年12月期の連結業績予想は、2020年2月に発表した予想に対し、営業利益は13.6%上回る50億円の見込みとし、親会社株主に帰属する当期純利益は同24.1%上回る36億円の見込みに増額した。増額修正後の今期予想1株利益は254円60銭。

■アジアの現地生産拠点、育成拠点としてフィリピンに新会社

 また、同社は、中長期的な海外戦略に基づき、海外事業展開をより一層加速させることなどを目的に、連結子会社の(株)建設技研インターナショナルがフィリピンに20年4月(予定)、子会社(建設技研の孫会社)を設立するとした。

 新会社名は、CTI Philippines, Inc. (仮称)、所在地はフィリピン国メトロマニラ(予定)、資本金は1100万フィリピンペソ(約23百万円、1ペソ2.15円:1月21日現在で換算)。持株比率は建設技研インターナショナル100%。

 建設技研グループのグローバル展開は、主にアジア・アフリカブロックを営業エリアとする建設技研インターナショナルと、英国、オーストラリア、ヨーロッパを拠点とするWaterman Group Plcが中核的な役割を担っている。

 今後、グループの海外事業展開をより一層加速させるために、アジアブロックの現地生産拠点ならびにインターナショナルエンジニアおよびローカルエンジニアの育成拠点として、フィリピンに建設技研インターナショナルの子会社(当社の孫会社)を設立する。

 さらに、非連結子会社であるミャンマー現地法人CTI Myanmar Co.,Ltd.を建設技研インターナショナルの完全子会社(建設技研の孫会社)とする。このミャンマー現地法人は建設技研とミャンマー企業との合弁であり、両社が保有するミャンマー現地法人の全株式を建設技研インターナショナルに譲渡し、合弁関係を解消する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】経済活動の再開を両立させる関連株として証券株に注目(2020/09/14)
【特集】長寿の老舗企業とキャッシュリッチの金持ち企業の脚光に期待(2020/09/07)
【特集】企業再生と株価再生のワンモアチャンスを先取り、バリュー株買いも一考余地(2020/08/31)
【特集】選挙関連株に早めの「秋支度」の迂回投資をお薦め(2020/08/24)
【特集】GPIFの持株比率上位銘柄から一工夫、有望株として勝ち組・負け組銘柄(2020/08/17)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース