大幅続伸の日本電気を対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(12日10:00時点のeワラント取引動向)

2021年1月12日 10:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:59JST 大幅続伸の日本電気を対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(12日10:00時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価下落が目立つセブン&アイ・ホールディングス<3382>コール129回 1月 4,000円を逆張り、アドバンテスト<6857>コール174回 2月 7,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては楽天<4755>コール287回 1月 1,350円、エヌビディアコール90回 1月 700米ドル、国際石油開発帝石<1605>コール189回 2月 550円、日経平均プット1687回 1月 23,000円、ソニー<6758>コール372回 2月 10,750円などが見られる。

上昇率上位はニアピン米ドルr2 1291回 1月 105円(+43.4%)、銀リンク債 マイナス3倍トラッカー10回 2月 27米ドル(+42.2%)、日本電気<6701>コール132回 1月 5,500円(+36.1%)、銀リンク債プット18回 1月 28米ドル(+33.7%)、銀リンク債 マイナス3倍トラッカー8回 1月 28米ドル(+30.0%)などとなっている。

(eワラント証券)《HH》

関連記事

広告

広告