国際郵便の小形包装物、差し出し可能な大きさの最小サイズが変更へ

2020年12月3日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

日本郵便は11月27日、国際郵便の小形包装物の最小限のサイズを変更すると発表した(日本郵便リリース[PDF])。これは2021年1月1日に万国郵便条約が改正されるためで、国際eパケット、国際eパケットライト、航空優先大量郵便物(Dメール)および航空非優先大量郵便物(Pメール)の小形包装物が対象となる。変更後は最小限のサイズが長さ14.8cm、幅10.5cm(許容差は0.2cm)に統一されるとのこと。 

スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | ニュース | 交通

 関連ストーリー:
国際郵便の一部配達手数料が上昇改定へ、万国郵便条約の制度改正をうけ 2020年10月17日
日本郵便、153カ国・地域宛て郵便物の引き受け停止 2020年04月03日
米国、万国郵便条約からの離脱を表明 2018年10月22日
日本郵政、全ての 453g 以上の米国向け航空小包禁止 2010年11月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日本郵便日本郵政

関連記事

広告