NY債券:米長期債相場は反発、ポジション調整的な売買が主体

2020年11月28日 07:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:06JST NY債券:米長期債相場は反発、ポジション調整的な売買が主体
27日の米国長期債相場は反発。この日は感謝祭の祝日後の時間短縮取引となったことから、ポジション調整的な売買が多かったようだが、米国における新型コロナウイルスの感染拡大を警戒して安全逃避的な債券買いも観測された。イールドカーブはフラットニング気配で推移。市場参加者の間では「米連邦準備制度理事会(FRB)は国債買い入れの対象年限の長期化を検討している」との見方が広がっている。10年債利回りは0.862%近辺から取引終了時点にかけて0.836%近辺まで低下した。

イールドカーブは、フラットニング気配。2年−10年は+68.70bp近辺、2年−30年は+142.20bp近辺で引けた。2年債利回りは0.15%(前日比:-1bp)、10年債利回りは0.84%(同比:-4bp)、20年債利回りは、1.36%(前日比:-5bp)、30年債利回りは、1.57%(同比:-6bp)で取引を終えた。《MK》

関連記事

広告