サンディスク株式会社、ウエスタンデジタル合同会社に改称

2020年11月27日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 サンディスク株式会社は24日、ウエスタンデジタル合同会社への組織変更及び商号変更を発表した。変更は2021年1月1日付の予定(Western Digitalリリース)。

変更の理由についてプレスリリースでは「ウエスタンデジタルグループであることを一層明確にし、これまで以上に迅速な意思決定を行い、国内のお客様及びビジネスパートナーに更なる貢献ができる企業体制を目指していきます。」と述べている。

2016年に米SanDiskが米Western Digitalに買収されたあとも日本法人はサンディスク株式会社としてその名を残していたが、これにより会社名からもサンディスクの文字が消えることになる。

なお、サンディスク公式Twitterによると「会社名は変わりますが、展開する Western Digital®、G-Technology™、SanDisk®、およびWD®の各ブランドは変わりません(*'▽'*)」とのこと。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ニュース

 関連ストーリー:
ドライブレコーダーやセキュリティカメラでの使用を想定した、「13年以上の連続録画が可能」というmicroSDカード 2020年04月07日
ソニーの一部デジカメと特定のSDカードの組み合わせで不具合が発生、原因はSDカード側の問題 2018年12月05日
東芝、Western Digitalに対し「関係者の締め出し」も選択肢とする強硬な態度を取る 2017年05月11日
Western Digital、1TBのSDXCカードを発表 2016年09月23日
Western Digital、SanDiskを買収へ 2015年10月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード買収Western Digital

関連記事