新Microsoft Edgeのアドオンストア、人気拡張機能の偽物が複数見つかる

2020年11月24日 18:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 新Microsoft Edgeのアドオンストア「Microsoft Edgeアドオン」サイトで、人気拡張機能の偽物が出始めているようだ(RedditのスレッドArs Technicaの記事)。

発覚のきっかけとなったのは、新Microsoft EdgeでGoogleのWeb検索結果からリンクをクリックすると、時々別のサイトにリダイレクトされるという報告がRedditで出たことだ。Redditユーザーから情報提供を受け、Microsoftは5本の拡張機能をEdgeアドオンストアから削除したことを報告している。

削除された拡張機能は

 NordVPN 
 Adguard VPN 
 TunnelBear VPN 
 The Great Suspender 
 Floating Player - Picture-in-Picture Mode となっており、いずれもChromeウェブストアで人気(かつEdgeアドオンストアでは公開されていない)の拡張機能と同じ名前だ。

 Microsoft Storeで限られた数が提供されている旧Edge用の拡張機能に対し、新Edge用の拡張機能は大幅に増加している。Chromeウェブストアでは拡張機能をはじめ、不正拡張機能たびたび発見されているが、今後はEdgeアドオンストアでも同様の状況になっていくのだろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | マイクロソフト | インターネット | デベロッパー | プライバシ

 関連ストーリー:
Chrome拡張機能のNano Defenderがマルウェア化 2020年10月18日
Chromeウェブストアで怪しいサイトへ誘導しようとする「テーマ」が増加中 2018年05月30日
悪意あるコードを含む偽拡張機能、Chromeウェブストアで合計2,000万人以上がインストール 2018年04月21日
アンインストールを困難にする機能を備えたブラウザー拡張機能 2018年01月21日
「Adblock Plus」の偽物がChromeウェブストアで配布される 2017年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoftChromeMicrosoft Edge

関連記事

広告