東京為替:ドル・円は下げ渋り、ドル売りは一服

2020年11月24日 16:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:08JST 東京為替:ドル・円は下げ渋り、ドル売りは一服

24日午後の東京市場でドル・円は小幅に値を戻し、104円40銭台で推移している。ドル売りは一服し、主要通貨は対ドルで伸び悩む展開となった。一方、16時に発表されたドイツの7-9月期国内総生産(GDP)改定値は速報値から上方修正されたが、ユーロ買いは限定的。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円34銭から104円64銭、ユーロ・円は123円66銭から123円89銭、ユーロ・ドルは1.1837ドルから1.1855ドル。《TY》

関連記事