ホンダ、12月発売予定の新型N-BOXをホームページで先行公開

2020年11月22日 17:01

小

中

大

印刷

N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より

N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは20日、12月24日にマイナーチェンジして発売する予定のN-BOXを、ホームページで先行公開した。今回も通常のN-BOXとN-BOXカスタム、2タイプを用意している。

【こちらも】ホンダ、新型N-ONE発売 「丸・四角・台形」継承、RSに6MTターボも登場

■エクステリアとインテリアの変更

 発売予定のモデルは、エクステリアとインテリアの変更が図られており、フロントも現行モデルとは違いがあることがわかる。

 公開されているものから見ると、N-BOX、N-BOXカスタムともにグリルの変更がされており、N-BOXはロゴ周りにクロームメッキを施している。N-BOXカスタムは縦長形状からワイド形状のグリルに変更。それに伴ってボディライン、バンパー形状も変更され、ナンバープレートの位置もセンターマウントとなっている。トールタイプでありながらもどっしりとした印象が現行モデルよりも強くなっていることが特徴だろう。

 インテリアはN-BOXがブラウン、ベージュといったカラーを採用することで、全体的にやさしいイメージを演出している。逆にN-BOXカスタムはカスタムモデルということで、ピアノブラックなどのダークカラーを多く取り入れクールなイメージや精悍なイメージを出している。

 また、どちらにもコーディネートスタイルが存在しており、サイドミラーがブラウンカラーであったり、インストルメントパネルにワインレッドが採用されるといった遊び心もある。ディーラー装備を装着しているモデルとなるため、販売時の配色は不明だが、選択肢は広がりそうだ。

 ホームページではエクステリアカラーも公開されており、N-BOXはピーチブロッサム・パール、ブリティッシュグリーン・パールをはじめとした8つの単色に加え、コーディネートスタイルの3色のツートーンカラーを含めた計11色。

 N-BOXカスタムには、シャイニンググレーメタリックやミッドナイトブルービーム・メタリックを含めた6つの単色に、コーディネートスタイルのプレミアムクリスタルレッドメタリック&ブラックを含む3色のツートーンカラーを含む計9色が設定されている。

 シートタイプも、ベンチシート、スーパースライドシート、スロープ仕様の3つが公開されている。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業N-BOX

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース