欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米金利安で下押しも株安抑制なら円買い後退

2020年11月20日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、米金利安で下押しも株安抑制なら円買い後退
20日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。米国での新型コロナウイルスの感染再拡大で、長期金利の低下を背景にドル売り圧力が続く見通し。ただ、追加経済対策への期待で株安が避けられれば、円買いは後退しそうだ。

世界的なコロナまん延を受け、リスクオフのムードが強まっている。特に、米国ではすべての州で新規感染者の増加が鮮明で、複数の州が制限措置の強化に乗り出した。このうちカリフォルニア州はほとんどの住民を対象に、向こう1カ月間にわたり夜間の不要・不急の外出禁止を発表した。前日の米新規失業保険申請件数から雇用情勢の悪化が示され、回復鈍化への懸念は増幅。米長期金利は下げ止まらず、ドル売りを誘発する要因に。本日アジア市場もその流れを受け継ぎ、主要通貨は対ドルで底堅く推移した。

この後の海外市場では引き続きコロナ感染状況が注視される。米国では新規感染者数が足元で急激に増加。来週には「感謝祭」を迎えるものの、消費の減退が見込まれるため景気減速は避けられない見通し。米長期金利の低下を手がかりとしたドル売りの流れは、なお続きそうだ。一方、今晩のユーロ圏の消費者信頼感指数が低調ならユーロ・ドルは下落基調に振れ、ドル・円をサポートしよう。また、米追加経済対策の与野党協議が近く再開する公算で、株安を抑えられれば円買いは後退し主要通貨を下支えしそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・22:30 カナダ・9月小売売上高(前月比予想:+0.2%、8月:+0.4%)
・24:00 ユーロ圏・11月消費者信頼感指数速報値(予想:-18.0、10月:-15.5)
・22:30 カプラン米ダラス連銀総裁開会あいさつ(エネルギー・経済関連会議)
・23:00 リッチモンド連銀総裁とアトランタ連銀総裁がオンラインセミナー出席
・03:30 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁講演(エネルギー・経済関連会議)
・APEC首脳会議(オンライン形式)《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース