ステラ マッカートニー、2021年春夏ウィメンズコレクション発表

2020年10月28日 18:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY) 2021年春夏ウィメンズコレクションが発表された。

■自由を夢見る、アクティブなステラウーマン

 今シーズンのイメージソースとなったのは、自分自身、自然、アートとのつながりを通し、自由を夢見るアクティブなステラウーマン。全体の65%をサステナブルな素材で構成した、ブランドらしいエコフレンドリーなアプローチと共に、ファッションと地球の明るい未来に向かって突き進む、力強いスピリットに満ちたコレクションに仕上げている。

■ボディコンシャスなシルエット

 まず目を惹くのは、やや実験的にも感じられる、ボディコンシャスなシルエット。“現代古典主義”のアイディアのもと、破壊的な視点で再解釈したというコルセットは、ミニ丈のドレスやノースリーブのトップスとドッキング。バストをツンと強調するような、その構築的なフォルムはそのままに、柔らかな素材やシームを通して、センシュアルになりすぎない、フェミニンな要素を引き立てている。

■スポーティーな要素も

 こうした身体にピタッとフィットするアイテムからは、一種のセンシュアリズムだけでなく、アクティブな要素も感じられる。例えば今季散見されたミニ丈ドレスと並んで登場した、淡いブルーのピースは、もとを辿るとスポーツのユニーフォームのよう。フード付きトップスとサイクリングショーツを組み合わせたような快活な表情を持ちながら、繊細なレースで再解釈することで、ロマンティックなムードへと引き寄せているのが面白い。

■マニッシュなテーラリング

 一方でステラ マッカートニーのシグネチャーであるブリティッシュテーラリングのルックは、メンズウェアに着想を得て誕生したマニッシュな雰囲気。比較的細身のジャケットに合わせたのは、空気を含んだようにボリューミーなトラウザーズ。ジャケットのスリーボタンは全て留めることなくラフに、また足元は素足×フラットサンダルを合わせることで、肩ひじ張らない余裕のある女性像を演出している。

■カラーパレット

 ローズピンク、カーキ、ピーチ、タンジェリンオレンジ、スカイブルー、バンブーといった、春夏らしいカラフルなパレットに更なるエネルギーを与えるのは、楽しく弾けるバブルガムや、炎のように鮮やかなレッド。アイコニックなジャンプスーツは、“生地の一部を染料に浸す”ディップダイ手法で、鮮やかなレッドを差し込むことで、より一層アクティブな表情を強めている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース