ツインバード工業のフリーザーボックスが前期の2倍の受注、米国で超低温のワクチン保管流通システムに採用

2020年10月26日 09:07

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■これ以外にも海外企業を中心に数多くの引き合いが

 ツインバード工業<6897>(東2)は10月23日の15時、同社製フリーザーボックスがバイオ医薬品やワクチンの保管と流通用に米社から前期販売台数の約2倍の新規受注を受けていることなどを発表した。

 「FPSC(フリー・ピストン・スターリング・クーラー)事業の受注状況等に関するお知らせ」として発表。

■今後も米低温保管物流網(コールドチェーン)の標準品として開発

 発表リリースによると、現在、同事業の主な取引先である米Global Cooling,Inc.(本社オハイオ州)から、フリーザーボックスを初期ロットとして前期販売台数の約2倍に相当する1000台の新規受注をいただいている。

 Global Cooling、Inc.は、このフリーザーボックスを超低温のポータブルULT25NEUシステムに組み込み、バイオ医薬品の保管と輸送、そして最近では世界的なワクチンの保管と流通に使用することを目的として採用した。

 ツインバード工業では、今後も米国の低温保管の物流網(コールドチェーン)の標準製品としての開発に取り組んでいく。また、上記以外にも海外企業を中心に数多くの引き合いをいただいており、引き続き営業活動を進めている。

 また、このたび、独立行政法人・国際協力機構(JICA)より「COVID-19を受けた途上国における民間技術の活用可能性に係る情報収集・確認調査」について、FPSC製品が採択された。

 これを受け、途上国におけるビジネスチャンス・当社製品の ODA 事業等への活用可能性等について検討を進めていく。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース