ユウキ ハシモト 2021年春夏コレクション -宇宙戦士が纏う、機能的なユニフォーム

2020年10月18日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ユウキ ハシモト(YUKI HASHIMOTO)の2021年春夏コレクションが、2020年10月14日(水)に表参道ヒルズ・スペースオーにて発表された。テーマは、“BLACK INTELLIGENCE”。

■オラファー・エリアソンの作品を、インスピレーション源に

 今シーズンの着想源となったのは、アートを通して、サステナブルな世界の実現を試みるアーティスト、オラファー・エリアソンの作品。彼のアートといえば、神秘的な自然の要素を取り込みながら、鑑賞者に“超現実的”な知的体験をもたらす大規模なインスタレーションで有名だ。

コレクションでは、そんな作品に孕む二面性を洋服の構造や、デザインを通して再解釈。会場全体をアルミホイルで包むことで、“宇宙空間”のような場に見立てたランウェイには、始まりの合図と共に次々とモデル達が姿を現した。

■“宇宙での活動服”をイメージ

 自分の中にある無限の可能性=“宇宙”と、現実性を結び付けたという橋本は、“宇宙での活動服”にイメージを膨らませたワードローブを制作した。首元にぐるりと巻いたバンダナ、上下を同色で揃えた2ピースは、どこか近未来的なユニフォームのようにも見えてくるから不思議だ。またそこには、オリジナルスライダーを用いたジップや、鮮やかなマジックテープといったスポーティーなディテールが行き交うことで、“活動服”らしいアクティブな要素に引き寄せている。

■テーラリングを活かして

 それと同時に、どこか気品のある洗練されたムードも感じさせるのは、ブランドの得意とするテーラリングが核となるからだろう。ジップをアクセントに配したロングジャケットは、単色のシンプルなカラーリングながらも、しっとりとした落ち感や端正なカッティングが印象的。

 またジップだけでなく、大きなポケットを複数配した、ストライプ柄のベスト×ハーフパンツは、元を辿るとフォーマルなクラシカルアイテムをベースにしていることが分かるピース。シルエットはゆったりと、袖や裾は丁寧にカットアウトすることで、シティライクな一着へと昇華している。

■2WAYデザイン

 オラファー・エリアソンの作品に潜む二面性から派生して、“ふたつの役割”を担う構造的なアプローチも今季の特徴といえるだろう。美しいシルエットを描くトレンチコートや、シャツといったアイテムは、取外し可能なフードをあしらった2WAYデザインで提案。またフロントの開閉によって、アイテムの役割を変えるジャケットも存在する。

■アクセサリー感覚で纏うベスト

 またバッグを持つように、アクセサリー感覚でモデルたちが取り入れていたのが、ジップやフラップポケットを複数あしらったベスト。フードやジャケットを重ねたレイヤードスタイルに、さらに+αで纏うことで、一体どこから洋服なのか?と見まがうほど、複雑な表情を描き出している。またこうした“アクセサリー”の中には、「国際宅配便」としても知られるDHLの象徴的なロゴも登場した。

■カラーパレット

 ランウェイに溢れるのは、ホワイトやブラック、グレーといったベーシックなカラーをベースに、時折ハッと目を惹く鮮やかなグラデーションカラーを差し込んで。また今季のインビテーションにもあしらわれた、宇宙空間に浮かぶ衛星を連想させるプリントが、Tシャツやシャツのキーモチーフとして登場した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード表参道ヒルズ2021年春夏コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース