旅工房に緊急雇用助成金「216,530千円」、さらに申請中の案件が

2020年9月26日 08:33

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第1四半期は4.5億円の最終赤字

 旅工房<6548>(東マ)は9月25日夕方、新型コロナウイルス感染症にかかわる雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金として総額216,530千円の支給決定通知書(判定基礎期間2020年3月から6月)を同日付で受領し、2021年3月期第2四半期連結決算に営業外収益として計上する見込みと発表した。

 9月中旬に発表した第1四半期連結決算は、売上高が150百万円、経常利益は548百万円の赤字、純利益は452百万円の赤字だった。「総額216,530千円」で補いきれるレベルではないが、多少の一助にはなるとみられている。

 また、発表では、上記の判定基礎期間以降についても、雇用調整助成金については引き続き申請中であり、適時開示が必要となった場合には速やかに開示するとした。

 25日の株価終値は2%高の1239円(26円高)だった。旅行・観光産業は新型コロナの影響が最も厳しいダメージをもたらした業界のため、株価の回復にも寄与する期待が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告