ミュウミュウ、2020年秋冬コレクション発表 心ときめくチャーミングな装い

2020年9月24日 17:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミュウミュウ(MIU MIU) 2020年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。

■イエナ宮がランウェイに変身

 厳粛な雰囲気が漂うオーギュスト・ペレのイエナ宮を、プレイフルなカーペットと、ピンクのライトアップによる演出によって、ミュウミュウらしい“遊び場”へと変身させた今シーズン。ランウェイに登場したモデルたちも、そんなファンシーな会場に溶け込むかのように、エレガンスとチャーミングな魅力を両立したレディトゥウェアを披露してくれた。

■豊富なアウター群がランウェイを席巻!

 素敵なコート抜きでは完成しない、秋冬のおしゃれ。今季のミュウミュウは、モデルたちが纏う美しいドレスと同じくらい、主役級のアウターがランウェイに溢れている。

 例えば、砂糖菓子のようなピンクカラーに染まる超ロングコートや、長い毛足が揺れるゴージャスなファーコート、高級感溢れるロング丈のレザージャケット、そしてふっくらとボリューミーなシルエットに仕上げたチェック柄のジャケットなど。そしてそんなチャーミングなアウターには、ベルトでウエストマークしてみたり、スタッズ付きのエッジィなブーツと合わせてみたり…と、ブランドらしい遊び心溢れるスパイスによって、自由なファッションを提案している。

■意外性のある“チャーミング”なドレス

 そんなプレイフルなスピリットは、ドレススタイルにも反映された。散見されたのは、透き通るシアー素材と切り替えたハイブリッドな表情のルック。クラシカルな襟付きのブラウスとドッキングしてみたり、バルーンスリーブのドレスの前身頃だけ切り替えてみたり。意表を突くデザインながらも、そんなドレスには決まって大粒のビーズがキラキラと輝いていて、そのクチュール的な表現に思わず観客たちは心をときめかせてしまうのだ。

■ユニークなレディトゥウェアも

 そんなドレススタイルに紛れて、“チャーム”をミュウミュウらしく再定義した、ユニークなレディトゥウェアも登場。セーラーカラーをあしらったマリンテイストなルックがその好例で、レオタード風ニットウェアやブラウスに姿を変えたアイテムがランウェイに登場。

 またショーの終盤にかけては、パンツに代わり、タイツをボトムスにみせた変化球型のスタイリングも。そんな新たな“エレガンス”な装いを手に入れたモデルたちは、足元のヒールをカツカツと鳴らしながら、気取った様子でランウェイを闊歩していくのであった。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミュウミュウ(MIU MIU)パリ2020年秋冬コレクション

関連記事

広告