東京為替:ドル・円は下げ渋り、国内勢の買戻しで

2020年9月16日 16:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:58JST 東京為替:ドル・円は下げ渋り、国内勢の買戻しで

16日の東京市場でドル・円は下げ渋り。クロス円の下げに追随し、ドルは朝方付けた105円44銭から下落基調に振れた。その後105円25銭まで下げたが、国内勢を中心とした買戻しが強まり、米株高観測を背景にドルは105円30銭付近に値を戻した。なお、自民党の菅義偉総裁が首相に選出されたが、相場への影響は限定的。

・ユーロ・円は124円53銭から124円94銭まで上昇した。
・ユーロ・ドルは1.1829ドルから1.1855ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円105円20-30銭、ユーロ・円124円80-90銭
・日経平均株価:始値23,425.23円、高値23,506.45円、安値23,397.43円、終値23,475.53円(前日比20.64円高)

【経済指標】
・NZ・4-6月期経常収支:+18.28億NZドル(予想:+6.90億NZドル、1-3月期:+19.03億NZドル←+15.57億NZドル)
・日・8月貿易収支:+2483億円(予想:-150億円、7月:+109億円)
・英・8月消費者物価指数:前年比+0.2%(予想:0.0%、7月:+1.0%)
・英・8月生産者物価指数・産出:前年比-0.9%(予想:-0.7%、7月:-0.9%)

【要人発言】
・トランプ米大統領
「新型コロナのワクチンは3-4週間後に完成する可能性」
・米ホワイトハウス
「トランプ大統領がオレゴン州の災害宣言に同意」《TY》

関連記事

広告