パイプドHDグループのダブルシャープ・パートナーズは家具のサブスクを提供する社subsclifeへ出資

2020年9月15日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

パイプドHD<3919>(東1)グループのダブルシャープ・パートナーズが運用するCVCファンド「ダブルシャープ・パートナーズ・ファンド1号投資事業組合(1号ファンド)」は、令和2年9月14日、家具のサブスクリプション型サービスを提供するsubsclifeのシリーズBラウンドに出資した。

パイプドHD<3919>(東1)グループのダブルシャープ・パートナーズが運用するCVCファンド「ダブルシャープ・パートナーズ・ファンド1号投資事業組合(1号ファンド)」は、令和2年9月14日、家具のサブスクリプション型サービスを提供するsubsclifeのシリーズBラウンドに出資した。[写真拡大]

写真の拡大

 パイプドHD<3919>(東1)グループのダブルシャープ・パートナーズが運用するCVCファンド「ダブルシャープ・パートナーズ・ファンド1号投資事業組合(1号ファンド)」は、令和2年9月14日、家具のサブスクリプション型サービスを提供するsubsclifeのシリーズBラウンドに出資した。

 subsclifeは、「家の中を、世界一、豊かな国へ。」をビジョンに掲げ、家具のサブスクリプション型サービスを提供している。subsclifeは、初期費用を大幅に軽減しながら新品でデザイン性の高い家具・家電を利用でき、使い続けても商品総額を超えない月額料金設定で、利用時の傷等の保証も付帯することが特徴のサービス。加えて、既存家具の処分からオフィスコーディネートや契約家具の処分に至るまでをワンストップで提供することで、付加価値の高い事業を展開している。また、「所有」から「利用」へ変遷する時流に沿うサービスでもある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】クレスコは昨年来高値を更新、株式分割の権利取りを連続過去最高業績がサポート(2020/01/17)
ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)
システムサポートは上値試す、20年6月期2Q累計大幅増益で期末配当予想を増額修正(2020/02/17)
ジェイエスエスは調整一巡、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース