Google、米大統領選対策で候補者や投票に関する語句をオートコンプリートから除外

2020年9月14日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Googleは11月3日の米大統領選に向けて、同社の検索サービスのオートコンプリートに表示させる内容について変更を行うと発表した。具体的なものとしては、「寄付する」などと入力した場合に、特定の候補者名や政党名などが出てこなくする。またそれに対する政治的な主張・同様に反対する主張に関しても、予期される範囲でオートコンプリートからは削除する方針だ(GoogleTechCrunch)。

また投票方法や要件、投票場所に関する声明など、選挙への参加に関する主張と解釈される可能性のある予測や、電話で投票できる・できないといった内容に関してもオートコンプリートには出てこなくなる模様。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | IT

 関連ストーリー:
ドミニク・カミングス氏、姓がTwitterのポルノフィルタに引っかかる? 2020年05月29日
YouTubeの検索ボックスのオートコンプリート機能で子供に対する性的虐待ワードが表示されるという指摘 2017年12月01日
Microsoft Edge、InPrivateモードで閲覧したWebサイトのURLが履歴に表示されるバグ? 2016年02月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

関連記事

広告