ローソンが新型コロナに対応した「おでんシールド」を設置

2020年8月26日 19:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ローソンは今年、8月25日からおでんの販売を展開するそうだ。しかし、今年は新型コロナウイルスの蔓延もあって、露出したままのおでん容器には少し抵抗がある(ローソン)。

そこで今年はおでん鍋の前方に、飛沫防止用アクリル板のおでんシールドを設置するそうだ。さらに通常は蓋を閉める対策を取るという。おでんシールドは成人男性の飛沫を防ぐために77cmの高さに設定されているそうだ。

このほか、購入時の会話を減らすため、おでんの価格は1個90円(税込)に統一する、定番商品5品目をまとめた398円セットなども用意するとしている。また9月1日から自宅でおでんを作るための具材セット208円(税込)も展開するとしている。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | テクノロジー | idle

 関連ストーリー:
RITEK、抗菌光学メディアを発表 2020年07月17日
「しょくいんがあらわれた!!」。鹿児島市役所のコロナ対策シートが話題に 2020年07月15日
同じ手袋をつけ続けるとウイルス感染リスクが高くなる 2020年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードローソン新型コロナウイルス

関連記事

広告