パイプドHDのグループ企業が地方企業と大都市の副業・兼業人材のマッチングサービス「JOINS」へ出資

2020年8月19日 15:10

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、ダブルシャープ・パートナーズが運用するCVCファンド「ダブルシャープ・パートナーズ・ファンド1号投資事業組合」は、令和2年8月19日、地方企業と大都市の副業・兼業人材のマッチングサービスを展開するJOINSのシードラウンドに出資したと発表。

 JOINSは、地方企業と大都市の副業・兼業人材のマッチングサービス「JOINS」を提供。「JOINS」は、人材不足で悩む地方中規模企業が、DX等による生産性向上・事業成長のために、都市部・大企業で働くミドル人材を副業・兼業によるリモートワーカーとして直接業務委託契約できるサービス。紹介成功報酬は月額4万円の固定金額、毎月解約可能のサブスク型の課金形態で企業側のリスクを低減するほか、マッチング後の相互理解を深めるためのプログラムを用いて企業と人材の関係性構築を後押しするなど、企業・人材双方に利便性のあるサービスは、競合優位性が高いと判断している。また、政府も後押ししている副業・兼業市場は買い手市場となっており、今後も市場規模は拡大していくと予想している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事