イラン株価指数が年初来で+451% 制裁解除から5年、躍進するイラン株

2020年8月11日 12:55

小

中

大

印刷

 イラン株が躍進している。テヘラン証券取引所の「Overall index」の上昇率は、年初来から450%を超え、約8カ月で5.5倍となった。好調なのは今年だけでなく、近年は順調に上昇している。

【こちらも】2015年から資産が1.6倍 バランスファンドが長期投資家の支持集める 日興リサーチ

 〇イラン株価指数(Overall index)の推移 ※()は前年末比
 ・2016年末      79,486.6
 ・2017年末      95,561.5(+20.2%)
 ・2018年末      161,405.0(+68.9%)
 ・2019年末      377,012.0(+133.6%)
 ・2020年8月9日  2,078,546.7(+451.3%)

■イランの概要

 ・人口: 8,280万人
 ・GDP: 3,480億ドル
 ・通貨: リアル(1$=42,000リアル)
 ・主要産業: 石油関連産業
 ・主要輸出国: 中国、イラク、トルコ、UAE、アフガニスタン
 ・主要輸入国: 中国、UAE、トルコ、インド、ドイツ

■制裁解除が高成長のきっかけに 米国との関係悪化が懸念

 イランは核兵器の開発疑惑に伴う経済制裁が長く続いていたが、2015年7月、欧米と「共同包括行動計画(JCPOA)」を結び、制裁が解除された。高い成長率とインフレの抑制につながり、株価上昇のきっかけとなった。

 しかし、米国は2018年にJCPOAを離脱し、単独で経済制裁を再開した。イランのGDP成長率はマイナスとなり、インフレ率も再び上昇した。 2020年初頭には米軍がイラン革命防衛隊の司令官を殺害し、イランが報復として在イラク米軍基地をミサイル攻撃した。

〇イランの経済成長率など(2020年 IMF推計)
 ・GDP成長率: -5.98%
 ・インフレ率: 34.22%
 ・失業率: 16.3%

■経済悪化もイラン株式は堅調 バブルの懸念も

 米国との関係悪化によるイラン経済のダメージは小さくないが、イラン株は堅調に推移している。7月にはロウハ二大統領が、信憑性は不明ながらも国内の新型コロナウイルス感染数が推定2,500万人を超えたと発表したが、現時点では調整の様子も見られない。

 イラン株が450%超も上昇したことは驚異的なことだが、実体経済の悪化とコロナウイルス感染拡大がある以上、楽観はできないだろう。バブル状態に入っている可能性も否定できない。(記事:ファイナンシャルプランナー・若山卓也・記事一覧を見る

関連キーワードイラン新型コロナウイルス

関連記事

広告