アールシーコアは21年3月期1Q赤字縮小、通期赤字予想

2020年8月2日 10:54

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 アールシーコア<7837>(JQ)は7月31日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。前年比で赤字幅が縮小した。未定としていた通期予想は、新型コロナウイルスの影響が避けられず赤字見込みとした。なお株主優待制度の内容を一部見直して拡充した。株価は戻り一服の形だ。業績悪化は織り込み済みと考えられる。通期予想を開示したことでアク抜け感につながる可能性もありそうだ。

■21年3月期1Qは赤字縮小、新型コロナウイルス影響で通期赤字予想

 21年3月期第1四半期連結業績は、売上高が前年同期比3.8%増の31億33百万円、営業利益が4億21百万円の赤字(前年同期は4億81百万円の赤字)、経常利益が4億26百万円の赤字(同4億94百万円の赤字)、純利益が3億25百万円の赤字(同4億37百万円の赤字)だった。受注残の消化で増収となり、赤字幅が縮小した。

 未定としていた通期予想は、新型コロナウイルスの影響が避けられず赤字見込みとした。全国のLOGWAY(展示場)の来場制限を設けるなど、営業活動への影響で受注高が減少(第1四半期は6.4%減の25億27百万円)している。営業活動への影響は期末まで解消されないと想定している。

■株価は業績悪化を織り込み済み

 株価は戻り一服の形だ。業績悪化は織り込み済みと考えられる。目先的には売り優勢の可能性もあるが下値は限定的だろう。通期予想を開示したことでアク抜け感につながる可能性もありそうだ。7月31日の終値は879円、時価総額は約40億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
アールシーコアは売り一巡、21年3月期収益改善期待(2020/02/07)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期大幅増益予想(2020/02/07)
NATTY SWANKYは上値試す、20年6月期大幅増益予想で2Q累計順調(2020/02/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース