オールデイラウンジ「リバーサイド クラブ」中目黒にオープン、京都の人気ハワイアンペストリーも併設

2020年7月19日 18:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 オールデイラウンジ「リバーサイド クラブ(RIVERSIDE CLUB)」が、2020年7月17日(金)、東京・中目黒にオープンする。

■「リバーサイドクラブ」モーニングからディナーまで利用可能なラウンジ

 今回オープンする「リバーサイド クラブ」は、モーニングからディナーまで、一日を通して利用することが可能なオールデイラウンジ。“食”“アート”“音楽”などのカルチャーが融合する“グッドカルチャーサロン(GOOD CULTURE SALON)”をコンセプトに、気軽に立ち寄れる“大人のラウンジ”を提案する。

■ボリューム満点のハンバーガーや有名シェフとのコラボフードメニュー

 終日提供するフードメニューでは、100%ビーフを使用したジューシーでボリュームのある「リバーサイド バーガー」をはじめ、銀座のフレンチの名店「マルディグラ」のシェフ・和知徹監修の「ハンバーグナポリタン」など、東京の“食”カルチャーを牽引する人物とのコラボレーションメニューもラインナップ予定。なお、モーニングメニューでは、スムージーやトーストなどを用意する。

■人気ハワイアンペストリーがショップインショップで登場

 また、京都の人気ハワイアンペストリー「ナカムラ ジェネラル ストア(NAKAMURA GENERAL STORE)」が、ショップインショップとして登場。スコーンをはじめ、キャロットケーキやアップルクランブル、レモンパイなどを提供するほか、南青山のコーヒーロースター「リトル ダーリン コーヒー ロースター(Little Darling Coffee Roasters)」の豆を使ったコーヒーも楽しむことが可能だ。

■東京のアートや音楽のカルチャーにもフォーカス

 さらに、店内の壁には、荒木経惟が撮影したレディー・ガガの作品や、グラフィックやイラストレーションなど多岐に渡り活躍するリーゲット(LEEGET)らの作品を配置。DJブースも設け、東京の“アート”や“音楽”のカルチャーにフォーカスする。

 なお、「リバーサイド クラブ」のロゴグラフィックは、東京を拠点に活動するクリエイティブスタジオ「アンド サプライ(& Supply)」が担当した。

【詳細】
リバーサイド クラブ
オープン日:2020年7月17日(金)
営業時間:月 9:00~18:00、火~土 9:00~23:00、日・祝 9:00~21:00(フードL.O.閉店1時間前、ドリンク&スナック 閉店30分前まで)
住所:東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS 1階
TEL:03-6416-4646
定休日:不定休
席数:コーヒースタンド 14席、ダイニング 32席

<メニュー例>

■フード&ドリンク

・モーニング
アボカドトースト 1,000円、クレームブリュレフレンチトースト 1,100円、ホームメイドグラノーラボウル 600円
・オールデイ
リバーサイド バーガー 1,400円、鯵フライバーガー 1,100円、10種デリのブッダボウル、レモンライス 1,000円
・ドリンク
RSC レモンサワー 750円、RSC ジントニック 900円、ナチュールワイン各種
・スイーツ
パッションとココナッツのホワイトマウンテン 900円、リトルダーリン珈琲を使ったティラミス 700円

■ナカムラ ジェネラル ストア

スコーン各種 356円、キャロットケーキ 450円、チョコバナナタルト 520円、リリコイチーズケーキ 450円、ブラウニー 450円、アップルクランブル 650円、チェリーパイ 620円

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション荒木経惟レディー・ガガ

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース