Nokiaの4G基地局、ソフトウェア更新で5Gにアップグレード可能

2020年7月18日 20:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Nokiaは14日、同社の4G/LTE基地局はソフトウェアベースのアップグレードにより、5G/NRへ移行可能なことを発表した(ニュースリリースVentureBeatの記事Neowinの記事The Registerの記事)。

現在の5G/NR展開はTDD無線基地局の設置が主となっているが、NokiaのFDD無線を使用する4G/LTE基地局はファームウェア更新で5G/NRに転換可能だという。このような基地局を使用するNokiaの359顧客は現場に行くことなく円滑に低い周波数帯域での5G/NRカバレッジを拡大できる。これにより、Nokiaの顧客はすぐにおよそ100万基地局で5G/NRをサポート可能になり、2021年末までには500万基地局を超えるとのこと。さらにNokiaのDynamic Spectrum Sharing(DSS)ソリューションを用いることで、2G/GSMから5G/NRまでをカバーすることも可能とのことだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | モバイル | アップグレード | 通信 | ソフトウェア

 関連ストーリー:
NTTとNECが資本業務提携へ。5G基地局などの技術を共同開発 2020年06月27日
新型コロナウイルスに関するデマにより破壊された英国の携帯電話基地局は77局に上る 2020年05月18日
5G基地局は4G基地局の3倍の消費電力を必要とし、かつ設置数も約100倍必要 2019年07月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNokiaファームウェア

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース