Apple、Macノートブックにカメラカバー装着したままディスプレイ閉じないよう求める

2020年7月14日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Appleが最近公開したサポートドキュメントで、MacBook/MacBook Air/MacBook Proのカメラにカバーを装着した状態でディスプレイを閉じないよう求めている(HT211148Mac Rumorsの記事Softpediaの記事BetaNewsの記事)。

Macノートブックのディスプレイとキーボードの間にはごくわずかな隙間しかないため、カメラカバーを装着してディスプレイを閉じるとディスプレイが傷つく可能性があるとのこと。カメラカバーの使用自体を禁じてはいないが、環境光センサーにも干渉するため、できれば使用してほしくないようだ。カメラカバーを使用する代わりにインジケーターランプでカメラの作動状態を確認することや、アプリに対するカメラの使用許可を確認することを推奨している。

職場などでカメラカバー装着が義務付けられている場合は、通常のコピー用紙1枚の厚み(0.1mm)またはそれよりも薄いカメラカバーを使用すること、接着剤の跡が残るカメラカバーを避けること、カメラカバーの厚みが0.1mmを超える場合はディスプレイを閉じる前に取り外すこと、が推奨されている。

元FBI局長のジェームズ・コミー氏など、プライバシーの観点からPCのカメラを物理的にふさぐ人も多い。シャッター式やステッカー式などさまざまなカメラカバー製品も発売されているが、Macノートブックに使用する場合は貼り直し可能なステッカー式を選ぶか、付箋紙やマスキングテープなどを使用する方がよさそうだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ノートPC | アップル | プライバシ

 関連ストーリー:
iOS 13.5.1、バックグラウンドアプリがバッテリーを大量消費するとの報告が急増 2020年07月12日
6月のデスクトップOSシェア、Linuxは増加した?そうでもない? 2020年07月05日
iOS/iPadOS 14で標準ブラウザとメールが変更できるように 2020年06月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleMacMacBook AirMacBook Proキーボード

関連記事

広告