Microsoft、インストールできない新Microsoft Edge拡張機能を公開

2020年7月11日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Microsoftが新Microsoft Edge向けの拡張機能ストア「Edgeアドオン」で、インストールできない「Microsoft Translator」拡張機能を公開している(Ghacksの記事)。

つまり新Microsoft Edgeは翻訳機能を標準で備えているためMicrosoft Translator拡張機能は不要なのだが、それを宣伝するために拡張機能ページを作った、ということのようだ。バージョンは「0.3」となっており、更新日は2020年6月11日になっているため、少なくとも公開から1か月近く経過していることになる。

このページに新Microsoft Edge以外でアクセスすると新Microsoft Edgeのダウンロードリンクとともに「新しいMicrosoft Edgeが必要です」と表示され、新Microsoft Edgeでアクセスすると「この拡張機能をインストールする必要はありません」と表示される。いずれの場合も「インストール」ボタンはグレイアウトしており、拡張機能がインストールできないのでレビューを追加することもできない。ただし、「迷惑行為の報告」はできるようだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | マイクロソフト | 変なモノ | インターネット | idle

 関連ストーリー:
マイナポイント予約、PCから申し込みはIE11のみに対応 2020年07月06日
MicrosoftがFacebookボイコットキャンペーンとは無関係にFacebook/Instagramへの広告出稿を停止していたとの報道 2020年07月02日
Microsoft、一部を除き直営店を閉店へ。スタッフはオンライン店舗へ配置 2020年07月01日
Microsoft Edge、Windows UpdateでWindows 7/8.1に提供開始 2020年06月21日
Windows上のChromium系ブラウザーでWindows標準のスペルチェック機能が利用可能に 2020年05月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftMicrosoft EdgeMicrosoft Translator

関連記事

広告

財経アクセスランキング