米発スムージー専門店「ジャンバ」南町田グランベリーパークに、フルーツたっぷりのボウルメニューも

2020年7月10日 18:18

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アメリカ・カリフォルニア発スムージー&ジュース専門店「ジャンバ(Jamba)」の新店舗が、2020年8月6日(木)、南町田グランベリーパークにオープンする。

■「ジャンバ」世界で875店舗を展開するスムージー専門店

 アメリカ・カリフォルニアでスタートした「ジャンバ」は、全世界で875店舗を展開するスムージー・ジュース専門店。日本では、8月4日(火)に渋谷・ミヤシタパーク初上陸を予定しており、南町田グランベリーパークの店舗は日本2店舗目となる。

 提供するスムージーは、人工甘味料や合成着色料を一切使用せず、フローズンの果物・野菜、濃縮100%ジュースをベースにしたナチュラルな味わいが特徴。また、オーダー後にその場で素材をクラッシュして作るため、フレッシュなスムージーを楽しむことが出来る。

■スムージーなど全16種のドリンクメニュー

 南町田グランベリーパークのジャンバでは、人気のスムージー11種とキッズスムージー1種、フレッシュジュース4種の全16種のドリンクメニューを用意。

 中でも注目は、日本限定スムージーとなる「ソライロ・コージ―」。スーパーフードの王様とも言われる食用品天然着色料“スピルリナ・ブルー”で色付けた真っ青なビジュアルが目を惹く一杯だ。すっきりとした甘みのパッションフルーツスムージーに、アクセントの“塩こうじ”をプラスし、クセになる味わいに仕上げている。

 その他、パイナップルをベースに、ギリシャヨーグルトとストロベリーの酸味を加えた「アロハパイナップル」、ビタミンが豊富なフルーツと野菜を一緒に摂取できる「アップルグリーンズ」といったバラエティ豊かなメニューをラインナップする。

■フルーツたっぷりのボウルメニューも

 また、フルーツをたっぷりと使ったボウルメニューも3種用意。イチゴ、豆乳やギリシャヨーグルト入りのスムージーの上にイチゴやバナナをトッピングした「チャンキーストロベリー」など、満足感のあるボウルメニューはランチ代わりにもおすすめだ。

【詳細】
ジャンバ 南町田グランベリーパーク
オープン日:2020年8月6日(木)
営業時間:月~木 10:00~20:00、金~日・祝 10:00~21:00
住所:東京都町田市鶴間3 南町田グランベリーパーク「ギャザリングマーケット」
TEL:042-850-7774

<メニュー例>

■スムージー

・ソライロ・コージ― S 550円+税/M 620円+税/L 670円+税
・オレンジドリームマシン S 500円+税/M 550円+税/L 600円+税
・アロハパイナップル S 500円+税/M 550円+税/L 600円+税
・アップルグリーンズ S 550円+税/M 620円+税/L 670円+税

■フレッシュジュースメニュー&キッズスムージー

・ストロベリーズゴーンバナナズ 350円+税
・ピュアリーオレンジ S 550円+税/M 620円+税/L 670円+税

■ボウル

・チャンキーストロベリー 900円+税

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース