Windows 10 バージョン2004、更新インストールを延期するオプションの削除が話題に

2020年6月30日 18:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)では更新プログラムのインストールを延期するオプションが削除されたのだが、これを最近になってMicrosoftがIT担当者向けドキュメントに追記したため話題となっている(Ghacksの記事On MSFTの記事Neowinの記事BetaNewsの記事)。

このオプションはWindows 10 Home以外のエディションで「設定」の「更新とセキュリティ→Windows Update→詳細オプション」にバージョン1909まで存在し、機能更新プログラムのインストールを最大365日まで、品質更新プログラムのインストールを最大30日まで個別に延期できる。バージョン2004ではこのオプションがなくなり、「更新の一時停止」ですべての更新プログラムのインストールを最大35日間延期できるのみとなっている。

昨年Microsoftは機能更新プログラム(新バージョンのWindows 10)のインストールタイミングを変更し、サービス終了間近のバージョンでのみ自動インストールを実行するようにした。その結果、多くのデバイスでは年に1回しか新バージョンがインストールされなくなっており、混乱を避けるためオプションを削除したのだという。

ただし、グループポリシーを使用すればバージョン2004でも同様の設定は可能だ。設定は「コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→Windows Update→Windows Update for Business」で「プレビュービルドや機能更新プログラムをいつ受信するかを選択してください」と「品質更新プログラムをいつ受信するかを選択してください」を変更すればいい。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | Windows | IT

 関連ストーリー:
Windows 10のオプションの更新プログラム、7月に提供再開 2020年06月21日
Microsoft Edge、Windows UpdateでWindows 7/8.1に提供開始 2020年06月21日
Windowsで印刷不能になる不具合、これを修正する更新プログラムがリリースされる 2020年06月19日
Windows 10 May 2020 Update、一般提供開始 2020年05月28日
Microsoftが公式の削除ファイル復旧ツール「Windows File Recovery」を提供開始 2020年07月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Windows Update

広告