AppleがIntel製CPUの採用をやめた理由は?

2020年6月30日 18:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 AppleはWWDC2020で、Intel製CPUからARMベースの自社製CPUへ切り替えていくことを発表したが、切り替えの原因の一つはSkylakeアーキテクチャの品質問題があったそうだ (iPhone ManiaGigazine, PC Gamer)。

元Intelエンジニアであるフランソワ・ピードノエル氏によると、Skylake内部にはあまりにも多くの問題があったという。そして、Skylakeの問題を一番多く見つけたり、報告していたのはAppleの関係者だった。同氏はSkylakeのひどい品質保証が、(AppleをIntelの)プラットフォームから遠ざけることになったのだろう」としている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | Intel | アップル

 関連ストーリー:
IntelのCPUで新たな脆弱性が発覚 2020年02月03日
CPU脆弱性問題への修正パッチ適用でIntel CPUでは15〜16%の性能低下が発生との調査結果 2019年05月25日
「Spectre」に似たCPUの脆弱性8つが新たに発見される 2018年05月08日
Skylake/Kaby LakeプロセッサのHTTに不具合 2017年06月26日
Skylake CPUで複雑な処理を実行させるとPCがフリーズするバグが確認される 2016年01月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneIntel

広告