現金がなくても投資ができる!? ポイント投資で資産運用をスタートしよう

2020年6月28日 16:20

小

中

大

印刷

2019年4月に開業したSBIネオモバイル証券の口座数は、2020年3月に30万件を突破している。(画像: SBIネオモバイル証券の発表資料より)

2019年4月に開業したSBIネオモバイル証券の口座数は、2020年3月に30万件を突破している。(画像: SBIネオモバイル証券の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 個人投資家による新規口座開設が増える中、ポイント投資にも注目が集まっている。ポイント投資の魅力は、他のサービスなどで貯めたポイントを使った投資ができる点だ。元本の保証がない金融商品への現金投資に不安がある人でも、比較的始めやすいのが人気の理由となっている。

【こちらも】dポイントで株式投資の「日興フロッギー+docomo」、メリットデメリットは?

■投資初心者がポイント投資を始めるべき理由

 ポイント投資は、投資初心者にこそ活用してほしい投資方法だ。それは、現金を用いなくても手軽に投資体験ができるからだ。投資のマニュアルやコツなどは、ネットや書籍でも簡単に手にはいる。しかし、将来への資産形成として本格的に投資を始めるのであれば、実際の経験を積むことが一番重要だ。これから投資を始めようと思っている人は、ぜひポイント投資を活用してみてほしい。

■ポイント投資ができる証券会社を3つ紹介

 ここでは、3つの証券会社が扱うポイント投資を紹介する。ポイントを上手に活用するには、生活スタイルに合った証券会社を選ぶことが重要である。

●1. 楽天証券

 楽天証券は、楽天グループでの買い物や旅行・楽天カードの利用で貯まった楽天ポイントを使った投資が可能だ。国内株式だけでなく、投資信託の買い付けや積立もできる。楽天グループのサービスをよく利用する人は、楽天証券でポイント投資を始めてもよいだろう。

●2. SBIネオモバイル証券

 SBIネオモバイル証券では、Tポイントを利用した1株からの投資が可能だ。通常、株取引は単元株(100株)で行われるため、まとまった資金が必要になる。しかし、1株から投資ができるSBIネオモバイル証券では、数百ポイントからの投資が可能となっている。

●3. 日興フロッギー

 日興フロッギーはSMBC日興証券が提供するサービスで、dポイントを利用し1銘柄100ポイントから国内株式に投資ができる。こちらも、単元株未満の少額から投資できるので、ポイントを利用して複数の銘柄に分散投資をしてみるのもよいだろう。

■ポイント投資を活用し、投資の楽しみを体験しよう

 ポイント投資を利用すれば、手持ちのポイントで手軽に投資をスタートできる。新たに投資を始める個人投資家が多い現状では、ポイント投資を利用する人はさらに増えていくだろう。投資を始めたいと考えている人は、まずはポイント投資にチャレンジしてみてはいかがだろうか。(記事:yamamoto・記事一覧を見る

関連キーワードTポイント資産運用SMBC日興証券楽天証券

広告

財経アクセスランキング