iPhoneのショートカットアプリ、警察への自衛手段の1つとして注目される

2020年6月22日 17:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 5月に発生した白人警察官による黒人男性の暴行死事件がきっかけで、Appleが2018年にリリースした「ショートカット」というアプリが注目されている。

 このアプリを利用し、iOSデバイスに対して「Hey Siri、I’m getting pulled over(ヘイSiri、警察に止められたよ)」というフレーズを発声するだけで警察とのやり取りを記録できるようにする設定「POLICE」をとあるユーザーが作成。それがSNSで広まり、このアプリの存在が注目されることになったようだ。

 具体的なショートカットの動作としては、再生中の音楽を停止して画面を暗くして消音モードにした上で、現在位置の情報を取得して指定の連絡先にメッセージを送信したのちカメラでの動画の撮影が開始するというもの。録画された動画は、連絡先の相手に送信したりクラウドストレージに保存できるという。POLICEは公開されており、誰でも利用が可能。

 なお、使用にはショートカットアプリをあらかじめインストールしておく必要がある(FOX 29 NewsHYPEBEAST.JPGIGAZINESlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ニュース | iOS | アメリカ合衆国 | iPhone

 関連ストーリー:
カナダ・モントリオール州、すべての警官の制服にビデオカメラ取り付けを提案 2013年06月05日
白人警官が黒人被疑者に対し過剰に暴力を振るって死亡させる様子を撮影した動画がSNSで拡散、全米で抗議デモに発展 2020年06月01日
米国で黒人をイラストに使ったブランドを廃止する動き 2020年06月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleiPhoneSiri警察官

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース