日本アマチュア無線連盟に対し、裁判所が会計帳簿の開示命令を出す

2020年6月17日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 6月8日、一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)に対し、東京地方裁判所が会計帳簿の同連盟社員への開示を命じる仮処分決定を出した(7K1BIB/AC1AMの業務日誌)。

 JARLは会員から集めた会費をどのように使っているかについて明確には公表していない。一方で同法人は赤字が続いており、さらに決算では予算よりも赤字幅が大きくなっている状況だったという。そのため、連盟の社員16人が会計帳簿の閲覧・謄写を請求したものの、これに対しJARL側が対応を行わなかったため提訴に至った。裁判でJARL側は自主的には閲覧・謄写に応じないとの回答を行なっており、そのため裁判所が「仕訳帳」と「総勘定元帳」の全面開示を命じる仮処分を出したようだ。

 一般社団法人については、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の第百二十一条において、「総社員の議決権の十分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を有する社員」に対し、会計帳簿の閲覧もしくは謄写の請求を行うことができ、この請求を受けた一般社団法人は原則としてこれを拒否することはできないとされている。

 なお、JARL側はこの仮処分が出た後も会計帳簿の開示を行なっていないとのこと(裁判所の会計帳簿開示命令に従わず、JARLの違法は続く)。こういった状況であることから、有志の弁護士らにより「JARL正常化弁護団」が結成される事態にもなっている。同弁護団は、今後同法人の「正常化」を目指すという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 通信 | 法廷

 関連ストーリー:
日本アマチュア無線連盟のシステム業務委託問題、ついに裁判沙汰へ 2014年06月06日
日本アマチュア無線連盟、業務委託先とのトラブルにより一部サービスが停止状態へ 2013年11月18日
アマチュア無線連盟が電力線通信の実験結果の一部を公表 2002年04月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード裁判

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • マツダ・CX-3の特別仕様車「アーバンドレッサー」(画像:マツダ発表資料より)
  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース