Apple、MacのCPUを自社開発のARM系プロセッサに移行する計画発表か

2020年6月11日 06:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Appleが今年の開発者向けイベントWWDC 2020でMacのプロセッサを現在のIntel CPUから自社開発のARM系プロセッサへと移行する計画を発表するのではないか、との噂が出ている。

 噂の出所はBloombergで、このプロジェクトはコードネーム「Kalamata」と呼ばれているという。また、新CPUを搭載した新型Macは2021年に発売される見込みだそうだ(ITmediaGIGAZINESlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ハードウェア | Intel | アップル

 関連ストーリー:
2021年にArm系プロセッサ搭載のMac「Kalamata」が登場する? 2020年04月27日
AppleがARMプロセッサ搭載Macを2021年までにリリースするという噂 2020年02月28日
ARMが新コア「Cortex-A76」(Enyo)を発表、「Skylakeの9割」の性能があると主張 2018年06月04日
Appleが早ければ2020年にもMacのCPUを自社設計に切り替えるとの報道 2018年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleMacIntelARM

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース