NTTビズリンクのデータセンターで電源設備が故障、13自治体に影響

2020年6月9日 08:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 自治体などに向けたクラウドサービスを手がけるスマートバリューの「SMART CMS」および「いくくるウェブ」で6月4日夜から障害が発生し、同サービスを利用している自治体のWebサイトが閲覧できない状態になっていたとのこと。すでに障害は復旧しているという(同社の発表日経xTECH)。

 同サービスで利用していたDNSサーバーが、データセンターの電源設備故障で停止したのが原因とのこと。同社はDNSサーバーの運用を外部に委託しており、その委託先が使っていたNTTビズリンクのデータセンターで不具合が発生していたという(NTTビズリンクの発表)。これによると、データセンターのUPS設備内で短絡が発生してデータセンター内への電源供給が停止していたという。さらに分電盤内の突入電流防止装置が経年劣化しており、復電作業時に白煙が出るトラブルも発生したとのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | インターネット

 関連ストーリー:
電源故障で電力供給が4分間停止、日本IBMのデータセンター障害 2020年02月25日
データセンターで電源設備関連の作業中に電源トラブルが発生する事例2件 2019年11月28日
データセンターの電源トラブルで楽天ペイと楽天カードが一時使用できない状況に 2019年11月25日
Microsoft Azureの東日本データセンターで障害、空冷システムへの電源供給の不具合が原因 2017年04月06日
先週発生したGitHubの障害、発端はデータセンターの電源設備トラブル 2016年02月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース