REIT、復調の兆し ホテル系REITが上昇 値動き要因は

2020年6月3日 07:22

小

中

大

印刷

 不動産投資信託(REIT)に復調の兆しがある。ホテル系REITの株価には底値からの上昇が見られる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ホテル利用客は大きく減っている一方、政府が観光促進実施を決めており、投資家からの需要回復の期待感が高まってきた。

【こちらも】REITの6月期決算は? インヴィンシブルが予想分配金額を大幅下方修正

 REITといえば、コロナショックによって一時、価格が急落したことで話題になった。個人投資家の中でも、仕組みの不透明感からREITに投資していない人は多い。今回は、REITの仕組みについて解説する。

■REITとは

 REITとは、「Real Estate Investment Trust」の略で、アメリカで作られた不動産投資信託のことだ。投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションなどの不動産に投資を行い、得られた売買益や賃料を投資家に分配する。少額から多種多様な不動産に投資できるため人気があり、日本版のREITは、「J-REIT」と呼ばれる。

■特徴は利回りが高いこと

 REITが優れている点は、他の投資信託に比べ高利回りであることだ。その理由は、法人税免除の仕組みにある。

 REITは、投資法人という形態で不動産へ投資するが、純利益の90%以上を投資家に分配すれば、法人税が免除される。法人税がかからないため、他の投資信託に比べ利回りが高くなる。

■REITの値動き要因

 REITは、不動産投資信託という性質上、不景気の影響を受けにくい。不動産の賃貸料は、すぐになくなってしまうものではないからだ。しかしコロナショックによって、価格が大きく下落した。

 REITは当然、不動産の需給の影響を受けて値動きをする。ただ、今回のコロナショックは、ホテルREITの影響が強かった。新型コロナウイルスの感染拡大によって、観光業は大打撃を受け、ホテル業も例外ではない。その影響を懸念した投資家によって、売りが加速した。

 REITは、経済全体の動きや不動産の需給、さらに不動産の種類ごとの市場を観察する必要がある。ホテルREITはひとまず値上がりを見せているが、まだまだ不透明感は強い。(記事:たけお・記事一覧を見る

関連キーワード不動産投資新型コロナウイルス

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース