ボーイング、737 MAXの生産を再開

2020年5月30日 20:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ボーイングは27日、米ワシントン州レントンの工場で737 MAXの生産を再開したことを明らかにした(ニュースリリースGeekWireの記事The Vergeの記事The Registerの記事)。

737 MAXは2度墜落事故が発生して各国で運航停止となり、その後さまざま問題判明して1月には生産を一時中止していた。ボーイングではこのたび、生産現場の安全性と製品の品質を向上させるためのさまざまな取り組みを適用して生産を再開し、徐々に生産量を増加していくとのこと。

ボーイングではCOVID-19パンデミックによる市場縮小に合わせた人員削減のため、4月から自主退職(VLO)プログラムを実施していた。しかしVLOだけでは十分な人員削減ができずの強制解雇(ILO)が必要となり、第1弾として27日にはILOの対象となることを米国の従業員6,770人に伝えたそうだ。米国のILO対象者には退職金の支払いや1985年予算調整法(COBRA)による失業期間中の医療保険保障の提供などを行い、米国外の拠点についても現地法に従った人員削減や保障を行うとのことだ。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ビジネス | セキュリティ | スラッシュバック | バグ | 医療 | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
ボーイング737 MAX、設計上の問題が新たに見つかったとの報道 2020年01月07日
ボーイング、新CEOを指名 2019年12月27日
米ボーイング、737MAXの生産を停止へ 2019年12月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードボーイング

広告