政府、光回線整備に500億円規模の支出へ

2020年5月29日 21:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府がリモートワーク促進のため、光ファイバー回線網の整備に500億円を投じるという(時事通信)。対象範囲は限定されておらず、都市部も対象になるようだ。

 政府は全国一律での高速インターネット回線の提供を通信事業者に義務付けることを議論していたが(SankeiBiz)、新型コロナ感染拡大の影響でリモートワークの重要性が増したとして回線網整備を前倒しする方針だという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | インターネット | 政府

 関連ストーリー:
マンション備え付けのインターネット回線、在宅勤務の増加で遅くなるトラブル 2020年05月15日
楽天モバイル、小中高校に対し敷地内への基地局設置の見返りに光回線を無償提供へ 2020年04月01日
NTT東西の10Gbps光回線「フレッツ 光クロス」、10G-EPON採用。ケーブルは全交換、ひかり電話は対応予定 2020年03月17日
「2019年度ブロードバンドサービスの市場動向調査結果」発表、2Gbps以上の固定回線を利用したい人は9.7% 2019年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング