Microsoft、GW-BASICをオープンソース化

2020年5月24日 20:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 Microsoftが1983年リリースのGW-BASICのソースコードをMIT Licenseで公開した(Windows Command Lineの記事 GitHubリポジトリ)。

公開されたソースコードは8088向けアセンブリー言語で書かれたもの。ソースコードのみの公開で、ビルドのための設定ファイルやバイナリなどは公開されていないため、このコードを動かすには別途ビルド環境や実行環境を用意する必要がある。

 ソースコードは歴史的・教育的資料として公開するもので、プルリクエストは受け付けないとのこと。当時使われたアセンブラーは初期のMASMとみられるが、現在もビルド可能かどうかについては確認されていないようだ。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | オープンソース | マイクロソフト | プログラミング

 関連ストーリー:
XboxやWindows NT 3.5のソースコードがオンラインに流出 2020年05月22日
Microsoft、MS-DOSのソースコードをGitHubで(再)公開 2018年10月05日
MS-DOSはCP/Mのソースコードを盗んで作られたのか?証明できたら総額20万ドルの賞金 2016年08月11日
巨大マイクロプロセッサー「Megaprocessor」が完成 2016年06月25日
「MS-DOS」「Word for Windows」のソースコードがコンピューター歴史博物館で公開 2014年03月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsGitHubオープンソース

関連記事

広告

財経アクセスランキング