ライフ RSS

 

路上の消毒剤散布は新型コロナ対策としては無意味との指摘

2020年5月20日 20:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 WHOによると、路上に消毒剤を散布することは新型コロナウイルス対策としては効果がないという(AFP)。

 こういった消毒剤の散布は複数の国で実施されており、たとえばインドでは日本の農薬散布装置を使って消毒剤を散布することが行われているそうだ(朝日新聞)。日本でも民間によって消毒剤の散布が行われている例がある(産経新聞)。

 しかし、WHOによると、路上に撒かれた消毒剤はほこりやゴミによって不活性化されることや、道路や歩道は新型コロナウイルスの感染源にはなっていないと見なされていることから、病原体の消毒方法としては推奨できないという。 また、逆に散布された消毒剤が人体に有害な結果を及ぼす恐れもあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 医療

 関連ストーリー:
外出自粛下で外出者を「消毒」するゲームが登場 2020年05月19日
米大統領が消毒剤の注射でCOVID-19を治療できる可能性を示唆、医師やメーカーが危険性を警告 2020年04月25日
米国で殺菌剤に関連する健康被害が相次ぐ 2020年04月23日
新型コロナウイルスの消毒効果が期待できる一般に市販されている製品を報告、北里大学 2020年04月21日
WHO、新型コロナに対するデマを否定するページを公開中 2020年04月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

広告