ライフ RSS

 

中高生の妊娠相談が増加、新型コロナによる休校が原因か

2020年5月12日 17:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 nemui4曰く、

 熊本県熊本市の慈恵病院によると、4月に同病院に寄せられた中高生からの妊娠の相談は75件で過去最高だったという。さらに4月の妊娠相談件数のうち中高生の割合は13%で、例年の5〜7%と比べて約2倍だったそうだ(毎日新聞ハフィントンポスト)。

 中高生からの相談件数は、全国で一斉休校が開始された3月より増加していたという。

 事故や天災や戦争があるとなんとかベビーが増える話はきいたことがあるけど、生き物としての本能か、単に青春お盛んなのか。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 医療 | 教育

 関連ストーリー:
緊急避妊薬の市販薬化見送り、産科婦人科学会が反対 2017年08月02日
ビデオテープの前年比販売金額、4月第3週は233.1%、4月第2週は13.6% 2020年05月11日
米国では新型コロナウイルスの影響でテレビやDVDプレイヤーの売り上げが大幅に増加 2020年05月01日
新型コロナの影響で家庭ごみが増える 2020年04月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード熊本県妊娠

関連記事

広告