NFCを通じて最大1 Wの電力伝送が可能な規格「WLC」

2020年5月11日 08:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NFC Forumは5日、NFCを通じた最大1 Wの電力伝送を可能にする「Wireless Charging Specification (WLC)」が承認されたことを発表した(プレスリリース9to5Googleの記事Mac Rumorsの記事Android Policeの記事)。

NFC規格では通信に必要な電力をNFCタグへ供給するなど、1つのアンテナで通信と電力伝送制御を可能にする仕組みが備わっている。WLCはこの仕組みを拡張するもので、スマートフォンやNFC充電器からスマートウォッチやワイヤレスイヤフォンといった小電力デバイスの無線充電が可能になる。WLCには標準の無線電界強度で電力を送る「static」モードと、ネゴシエーションにより250/500/750/1,000 mWの電力を送る「negotiated」モードがあり、安全な充電プロセスを確保するとのこと。WLCはQi規格と比べて伝送可能な電力が大幅に少ないものの、充電専用のコイルを必要としない点がメリットであり、NFC Forumでは大きな電力を必要としない小型の充電式デバイスで活用できると考えているようだ。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 通信 | 電力

 関連ストーリー:
欧州議会、すべてのモバイルデバイスに共通の充電器導入を義務付けるよう欧州委員会に求める決議を可決 2020年02月05日
世界平和のために祈るスマートロザリオ「Click To Pray eRosary」 2019年10月19日
Apple、ワイヤレス充電マット「AirPower」の開発を中止 2019年04月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング