ダックス、2020年秋冬ウィメンズ&メンズ アイルランドの西海岸を旅するクラシカルな装い

2020年5月10日 09:36

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ダックス(DAKS)は、2020-21年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを、ロンドンにて発表した。

■アイルランドの西海岸の旅

 今季は「アイルランドの西海岸“The Wild Atlantic Way”の旅」をテーマに、豊かな自然や土地から着想を得たコレクションを展開。エコファーやリサイクルウールなどを使用した、ダックス初のサスティナブルなウェアも登場した。

■ドネガルツイード地のアウター

 「アイルランドの西海岸」を最も象徴しているのは、ドニゴール州の年季の入った織機で織られた「ドネガルトランスフィギュアチェック」のツイード地。表面にネップのある、表情豊かな風合いのツイード地は、端正なチェスターコートやステンカラーコート、ジャケットといったアウターに用いられている。

■トラディショナルなセットアップ

 テーラードジャケットとパンツのセットアップは、ベージュ、グレー、ブラウンといったベーシックなカラーリングのチェック地でクラシカルに仕立てた。ガンクラブチェックのクラシカルなセットアップには、スカーフやブルーのブラウス、ブローチを合わせて遊び心を加える。ウインドウ・ペンのセットアップは、シャツのインナーにカーキのタートルネックをレイヤードすることで、カジュアルさをプラスした。

 グレンチェック地で仕立てたウィメンズのセットアップは、ウエストにベルトを巻いてシルエットにメリハリをつけ、凛とした佇まいに。オーバーサイズのテーラードジャケットとボックススカートの組み合わせや、ガンクラブチェックの優雅なロングワンピース、ダイナミックな花のコサージュを付けた、ゆったりとした仕立てのロングコートなどは、トラディショナルな空気感とどこかマニッシュなムードを漂わせている。

■ウォーミングなケープやキルティングアウター

 肩から大胆にかけたストールや、身体を包み込むようなケープ、レイヤードスタイルを楽しむキルティングアウターなど、ウォーミングなアイテムも散見された。幾何学模様のニットにはブランケットのようなストールを羽織り、コーデュロイのジャケットの上にはキルティングベストを重ねるなど、カントリーサイドの休日を彷彿させる、優雅な装いが目を引く。

■アッシュフォード城から着想のデカダンなウェア

 中世に建てられたアッシュフォード城からインスパイアされたウェアは、デカダンな雰囲気を演出する。艶やかなブラックのジャケットやロングコートには大きな花をあしらい、シックな雰囲気に劇的な要素を加えている。その他、小花を散りばめたブラックのセットアップや、光沢感のあるガウンなど、装飾的なフォーマルウェアを展開。しなやかなチェックのドレスやグレーのチェスターコートには、タッセル付きのコードをウエストに巻いてエレガントなアクセントを効かせた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアイルランドダックス(DAKS)ロンドン

関連記事

広告