Apple、13インチMacBook Proをアップデート

2020年5月6日 19:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Appleは4日、13インチMacBook Proのアップデートを発表した(プレスリリース製品情報)。

新しい13インチMacBook ProではキーボードがMagic Keyboardに変更されている。これにより現行のMacBookはすべてMagic Keyboard搭載となり、故障が多発したバタフライキーボードを搭載するモデルはラインナップから消えた。また、第8世代Coreプロセッサー搭載モデルに加え、第10世代Coreプロセッサー搭載モデルが選択可能となり、ベースモデルのストレージ容量は倍増(SSD 256 GB~)している。第10世代Coreプロセッサーを搭載するベースモデルではメモリ容量が16 GB(最大32 GB)に増量され、ストレージも最大4 TBのSSDが選択可能になった。

本体サイズは高さが旧モデルよりも0.07 cm増加して1.56 cmになっているが、幅と奥行きは変わらない。重量は0.03 kg増加して1.4 kgとなった。ただし、プレスリリースには1.37 kgと記載されている。最小構成時の価格は税別134,800円で、旧モデルよりも5,000円安くなった。Appleのオンラインストアでは既に注文可能となっている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ノートPC | アップル

 関連ストーリー:
iPad Pro用Magic KeyboardはiPad Pro本体よりも重い 2020年04月24日
13インチMacBook Proでバッテリー残量があっても電源が切れる問題、Appleが対処法を公開 2019年12月06日
Apple、16インチのMacBook Proを発表 2019年11月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleMacMacBook Pro

広告