自動車メーカーがフェイスシールド生産 トヨタ・日産・ホンダ・三菱自の状況は

2020年5月6日 08:11

小

中

大

印刷

トヨタが生産している医療用フェイスシールド(トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタが生産している医療用フェイスシールド(トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 現在も猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症だが、緊急事態宣言も延長が決定し、各地では外出自粛が続いている。そんな中、国内メーカーも独自の対策を打ち出してきている。大きな話題となったのは、家電メーカーのシャープが自社のクリーンルームを使用し、マスクを製作、販売するというものだ。一般販売を開始するとサイトへのアクセスが殺到したため、抽選販売へと移行した。

【こちらも】自動車から夢や希望を! トヨタ・日産・ホンダが塗り絵やペーパークラフト公開

 国内自動車メーカー各社も、疲弊した医療現場を助ける活動をしている。

■トヨタ

 トヨタは、東日本大震災の被災地を支援するために行っていた「ココロハコブプロジェクト」活動の一環として、医療用フェイスシールドを生産している。現在は貞宝工場、元町工場で1日に約2,000個、月産では約4万個生産。今後は1日約3,600個、月産で約7万個生産できるレベルまで引き上げる予定だ。

 トヨタグループのトヨタ自動車東日本では、宮城大衡工場で医療用フェイスシールドの生産を開始しており、4月20日に3,000個のマスクを提供。1日の生産数は約600個。ダイハツ、日野、豊田合成はまだ試作段階ではあるが、ダイハツ、日野に関してはすでに試作品を近隣の医療機関へ提供している。

 豊田自動織機は、4月29日より1日500個のペースで生産をしており、月産で約1万個生産する。トヨタ車体は5月中旬より生産を開始する検討に入ったという。

 トヨタ自動車九州は医療用フェイスシールド2,000個と取り換え用のシールドフィルム3万枚を生産し、6月末までに福岡県宗像市や苅田町、北九州市の病院や自治体などへ提供をする。

■日産

 日産は、テクニカルセンター、総合研究所、横浜工場が保有する3Dプリンターを使用して医療用フェイスシールドを生産しており、月産約2500個を医療現場へ提供する。さらに日本政府の要請をうけ、人工呼吸器や人工心肺メーカーへの支援も検討している。

■ホンダ

 ホンダは、5月末までにものづくりセンター栃木、鈴鹿などの事業所で医療用フェイスシールドの生産を開始する。その後は医療機関へ提供される予定だ。さらに人工呼吸器生産への可能性も示唆している。

 また感染者を搬送するための車両も提供。ベースとなる車両はオデッセイやステップワゴンで、前後の座席で圧力差を設けることによりドライバーへの飛沫(ひまつ)感染を予防する。こちらは4月13日に港区や渋谷区に納車されおり、今後は感染者は多いエリアから納車される予定だ。

■三菱自動車

 三菱自動車は、これまでに岡崎製作所で生産された医療用フェイスシールドを岡崎市へと提供した。岡崎製作所では、1日約1,500個を生産しており、今後もさらに生産枚数を増強する予定。デリカなどを生産しているパジェロ製造も医療用フェイスシールドを生産しており、こちらは岐阜県美濃加茂市の病院へと提供された。他にも、感染防止製品などの生産を視野に入れて活動している。

 また、メーカーによって医療物資搬送用車両や医療者向けのフードトラックなどを提供している。今でもまだ足りていない物資について、各メーカーが技術力を発揮して生産してくれることを期待したい。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車三菱自動車東日本大震災日産自動車ダイハツ工業3Dプリンター豊田自動織機新型コロナウイルス

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース