口座や暗証番号聞き出す電話やメールに注意 定額給付金で便乗詐欺

2020年4月23日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 高市早苗総務大臣は21日の記者会見で、すべての人に一律1人10万円を給付する「特別定額給付金」を巡り、「口座や暗証番号を聞き出そうとする電話や不審なメールにご注意いただきたい」と便乗詐欺に遭わないよう注意を喚起した。

 高市大臣は「奈良県在住の私の友人のスマホに不審メールが届いた」とし、そのときのメール内容について「今回国民の皆様へ現金給付が決定した件でご案内がございます。各携帯電話キャリア会社を通し、国民の皆様へ配布していく事となりました。詳細確認とお手続は下記URLへアクセスしてください、と書かれていた」と紹介。

そのうえで「このURLをクリックした場合、何が起きるかということですが、ウイルスの種類によっては、スマホの中の情報が全部抜かれてしまうということもある。また手続を進めていくことで、口座番号や場合によっては暗証番号などを外に伝えてしまうことが起こりかねないと思う」と警戒するよう求めた。

高市大臣は「警察、消費者庁など関係機関と連携し広報啓発活動を実施し、詐欺などの犯罪被害防止に努めるので、口座や暗証番号を聞き出そうとする電話や不審なメールに注意いただきたい」と警鐘を鳴らした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
8330円という無慈悲な上限を見直せと志位氏
大臣、副大臣、政務官は特別定額給付金申請せず
使途自由な交付金「当面5兆円必要」枝野氏

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード高市早苗消費者庁

関連記事

広告