iPhone次世代モデルはフラットなデザインを採用か

2020年4月17日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Bloombergによれば、今年秋に発売されるとみられるiPhoneの新モデルは全4機種となり、いずれも5G対応となるという(BloombergEngadgetiPhone ManiaSlashdot)。

 この報道によると、4種類のうちハイエンドモデル2機種ではiPhone 5や2018年のiPad Proで導入された「フラットなデザイン」が採用される。また、iPad Pro最新モデルにも搭載されているLiDARセンサが搭載され、ノッチ部分は小さくなるという。また、残りの2機種はローエンドモデルになるようだ。

 新型コロナウイルスの影響により、一部の新型iPhoneは数週間遅れてリリースされる可能性があるが、すべて今年の秋の範囲で発売されるとも報じられている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 携帯電話 | アップル | iPhone

 関連ストーリー:
AppleのApp Storeルールは、Apple Arcade以外のゲーム配信サービスを許容しない 2020年03月27日
Apple、iPad ProやMacBook Airなどの新モデルを発表 2020年03月19日
iOS付属アプリに対し、Appleの広告が多すぎるとの批判 2020年03月11日
AppleがARMプロセッサ搭載Macを2021年までにリリースするという噂 2020年02月28日
Apple、iPhone 8と同サイズの第2世代iPhone SEを発表 2020年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiPhoneiPadiPad Pro新型コロナウイルス

広告