バイト・パート・派遣社員、6割超で新型コロナの影響あり ディップ調査

2020年4月15日 17:00

小

中

大

印刷

 求人サイトを運営するディップが、アルバイト・パートや派遣社員を対象とした新型コロナウイルスによる影響の調査結果を発表し、6割超で何らかの影響が出ており、今後も含めると8割超で影響が出そうなことが分かった。

【こちらも】新型コロナ関連の経営破たん、全国で51件に 東京商工リサーチ調べ

■影響が出ているバイト・パートは6割超

 求人サイトを運営するディップが「新型コロナウイルスによる仕事への影響調査」の結果を発表した。13日にアルバイト・パート(5000サンプル)分を発表。新型コロナウイルスの影響が出ているかを尋ねたところ、「とても影響が出ている」が26.2%、「やや影響が出ている」が36.5%となり、6割以上で既に影響が出ていた。また「影響は出ていないが、今後出ると思う」が20.6%で、今後も含めると8割以上に影響が出ると考えており、「影響は出ておらず、今後も出ないと思う」は16.8%に留まった。

■イベント関連は9割超で影響あり

 影響が出た内容について業種別で尋ねたところ、最も割合が高かったのはイベント(コンサート運営など)で92.8%(休業することになった: 43.5%、就業時間や日数が減った: 49.3%、変わらないが今後は減りそう: 0.0%、以下同じ)。ついでサービス(ホテル)が72.3%(10.1%、62.2%、6.8%)、サービス(テーマパーク、アミューズメント施設)が65.9%(25.7%、40.1%、8.4%)、フード・飲食が61.8%(9.1%、52.8%、12.1%)、販売(百貨店、モールなど大型商業施設)が59.8%(4.9%、54.9%、6.6%)、販売(アパレル、雑貨、家電、モバイル)が56.0%(6.2%、49.8%、11.5%)など。

■影響が低いのはスーパー・コンビニ、清掃、軽作業など

 反対に最も割合が低かったのは、販売(スーパー・コンビニ・ホームセンター・ドラッグストア)で20.8%(休業することになった: 3.5%、就業時間や日数が減った: 17.3%、変わらないが今後は減りそう: 6.9%、以下同じ)。ついで清掃が29.3%(5.8%、23.6%、7.2%)、軽作業が29.5%(7.6%、21.9%、10.9%)、オフィス(事務・企画など)が31.5%(8.9%、22.6%、11.6%)、工場・製造が35.0%(5.9%、29.1%、9.1%)などとなっている。

■ウィルスの影響による失業は16%

 14日には派遣社員(1000サンプル)分を発表。新型コロナウイルスの影響により失業したことがあるかと尋ねたところ、「失業したことがある」と答えた人の割合は16.0%。このうち就業先都合と答えたのは10.0%、自己都合が6.0%となっている。

■派遣社員でも6割超が影響あり

 就業している人を対象に新型コロナウイルスの影響が出ているかを尋ねたところ、「とても影響が出ている」と答えたのは24.4%、「やや影響が出ている」は37.4%で、合わせて61.8%に既に影響が出ている。

 また「影響が出ていないが今後、とても影響が出ると思う」が3.9%、「影響が出ていないが今後、やや影響が出ると思う」が19.4%で、今後も含めると8割超で何らかの影響が出ると考えている。その一方で「今後もあまり影響が出ないと思う」が11.5%、「今後も全く影響が出ないと思う」が3.4%だった。

■サービス業では16.2%が休業に

 影響が出た内容について具体的に尋ねたところ、「休業することになった(自宅待機含む)」が8.6%、「就業時間や日数(シフト)がとても減った」が11.0%、「就業時間や日数(シフト)がやや減った」が16.9%。

 業種別でみると、サービスでは「休業することになった(自宅待機含む)」が16.2%と多め、軽作業では「就業時間や日数(シフト)がやや減った」が20.7%と多め、販売では「就業時間や日数(シフト)がとても減った」が27.3%、「就業時間や日数(シフト)がやや減った」が23.5%と多くなっている。

■販売業種は時間や日数が「やや増えた」が9.8%

 影響として「変わらない」が59.4%だったものの、「就業時間や日数(シフト)がやや増えた」が3.4%、「就業時間や日数(シフト)がとても増えた」が0.7%あった。特に業種別の販売では「就業時間や日数(シフト)がやや増えた」が9.8%あり、就学児童の自宅待機などで就労が難しくなった人の交代要員が必要となっている様子が伺える。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワードディップ新型コロナウイルス

広告

財経アクセスランキング